問題すっきり解決

スマートフォンに機種変更して1年が経っていますが、モバイルWi-Fiが使える設定をしたのはつい最近。

きっかけは、「辞書のアップデートが終わらない」という事態の発生でした。
最初は“言葉数が多いアプリだから、更新に時間がかかるのは当然”と、放置していた。ところが、何日待っても「インストール中」の下向き矢印マークが消えない。
「このままだと、電話本体のバッテリーが減るばかり。」と悩んだ末、とりあえず、インターネットを使い検索し、見つけたサイトに掲載されていた手順に従い、その現象を直していったのです。

が、その数日後またしても同じ事が起きた。この時遂に私は、「ショップに行く」手段を考え始めた。でも“上手く説明する自信が無い”と感じ、結局以前と同様一時的にパスワード等の全データを削除。しかしこれは根本的には問題のままだった。

そんなある日、自分のヘルパーに解決する方法を教えてもらえました。
それが、最初に記載した“Wi-Fi接続”だった。その人に聞くと、これはSHARPの端末を利用しているユーザーがよく直面する出来事だったらしい。自らが使用しているのがSHL23。まさにこの会社の商品だったので、びっくり。

それが分かったところで、ルーターのパスードをスマホに入力。「自身が車椅子に乗っている為、高さ的に難が有るのと、文字がルーターの色と同化して読みにくい」と伝え、介助者に手伝って頂きながら設定した結果、携帯に出てきたWi-Fiの印。

これにより、問題無く快適に携帯を利用出来るようになったのは言うまでもありません。

WiFiのキャンペーン特典比較は必須!!

WiFiをさぁ申し込むぞという前に必ずしておくべきなのはキャンペーン比較です。仕様は完全に同じでも申し込む場所で特典は大きく変わります。

私は現在WiMAXを使っていますが、プロバイダはGMOです。一応一部上場企業ですが、知名度は他のBIGLOBEやniftyと比べると劣ります。知名度では負けていますが、お得さでは一番です。

他のメジャーなプロバイダはキャッシュバックが2万円やタブレットぐらいが相場なところ、GMOは約3万円と群を抜いてます。これは検索して調べないと絶対に見つからない情報です。

WiMAXに限らずネット回線や保険などは自分がどれだけ調べたかでお得度が変わってきます。ショップや家電量販店で申し込むのは全然お得ではありません。

WiFiルーターの選び方の流れとしては下の流れが個人的に一番おすすめです。

WiFiルーターのキャリアを選ぶ(月額やエリアや通信制限は絶対チェック)→同じキャリアでどんな代理店やプロバイダがキャンペーンをチェック

これが一番失敗がなくて確実です。

私は実際にWiMAXを申し込むときはWiMAX2キャンペーン比較を参考にして結果お得に加入できました。

手間がかかって面倒だとは思いますが、ここで大きく違いが出るので、ぜひひと手間かけるのをおすすめします(笑)

ワイモバイルのGL09Pに乗り換えてみた

auのLTEプランを使用していましたが、月々の料金がバカにならないのでどうにかしたいと以前から考えていたのですが、ひょんなところからGL09Pを入手したので、LTEプランの契約は解約したうえで、ワイモバイルでモバイル通信をするようにしました。

ワイモバイルのGL09Pは、正直あまり評判がよくないです。
LTEエリア内であるにもかかわらず、いつのまにか3Gでの接続になり、再起動しないと直らない場合や、3Gエリアの真ん中のあたりの場所であるにもかかわらず、圏外になったりするこもあり、郊外や山間部に行く場合は注意が必要だと思いました。

また、モバイルWiFiルーターとスマートフォンの2台持ち歩くという形になってしまいますので、モバイルWiFiルーターをもし忘れた場合は、スマートフォンはただの板になってしまいます。
また、充電残量を気にしなければいけない機器が2台に増えますので、充電の残量はこまめに気を使わないといけなくなります。
常に充電器を持ち歩いており、クルマでの移動時は、常に何かを充電しているということになりがちです。

ただ、LTEで接続できている限りは、通信速度は大手キャリアと遜色ないぐらいの速度が出ていたと思いました。
また、wifiにつながる設定さえすれば、パソコンやタブレット機器、Nintendo 3DSなども利用できるので、その点はメリットだと思います。

また、これによって、私の場合は月額2000円程度通信料が安くなったのですが、1年2年のスパンで考えると、それだけの手間をかけてもいいのかなと思います。

あると便利なWiMAX

私はauから出されているWiMAXを使用しています。使い方としては、私が今乳児を育てていて自宅にずっといてネットをよく見るので通信費を抑えようとの事で旦那と決めて購入しました。

旦那はスマホ、私は前まで契約していたけど解約したiPhone5とノートパソコンにWiMAXを使ってネットに繋いで使っています。前まで私もiPhone5を契約して使っていたのですが、解約して代わりにガラケーを使う事により毎月の請求がかなり安くなりました。

WiMAXの使い心地は、特に不自由なく使えています。たまに中々接続が出来なくて、焦れったく感じる時もありますが凄くイライラするまでではないので、まあ良いかなといった感じです。

WiMAXの契約は定額制なのですが、7ギガを超えると通信速度が落ちるものにしました。私には0歳の息子がいるのですが、前まで息子にYouTubeでアニメを見せていましたが、動画を見せているとすぐに7ギガいってしまいます。7ギガを超えて通信速度が遅くなってしまい、動画も中々接続出来なくなってしまうので、最近は息子に動画を見せるのを控えるようにしています。

日中ネットを見る程度なら私の契約している7ギガまでスムーズに見れる定額制の基本使用料6,000円位の物で良いと思うのですが、YouTubeで動画を沢山見る方には、あまりお勧めできません。

WiMAXを持っていると、ノートパソコンも使用出来るし家族でWiMAXに接続する事により、契約しているスマホの通信費を抑える事も出来るので、私は購入して本当に良かったと思います。

モバイルWIFIルーターについて

ここ数年で今はIT社会と呼ばれる様に、パソコンや携帯電話、ゲーム機やカーナビ等、生活に必要な電化製品は多くの物がデータ通信を行っています。

そんなテータ通信にはそれぞれ通信料がかかりそれらを合わせると、通信料だけでも結構な料金がかかるのが現状です。

そんな時は「モバイルWIFIルーター」がおススメです。
モバイルWIFIルーターとは、データ通信専用の端末で、それが一台あると様々な機器に繋げる事ができ、通信料の節約に大きく貢献出来ます。

ドコモやソフトバンク等、皆さんがご存知のメーカーでも発売されており、意外と使っている方は多いです。

モバイルWIFIルーターの一番の特徴は、なんといっても通信料を一つにまとめる事が出来る事です。通信料を一つにまとめる事により、今まで支払っていた金額よりも確実に安くなる事は間違いないでしょう。

ですが、通信料がお得になる反面注意しなくていけない事があります。最近の高速データ通信に対応しているモバイルWIFIルーターは一か月の通信量が決まっており、それ以上データ通信を行うと、知らないうちに追加料金をどんどん取られてしまったり、通信速度が極端に遅くなったりと、今より逆に不便になったり損をしたりする場合もあります。

ですので、ポイントとしては自分が毎月どの位のデータ通信を行っているのかを把握し、それに見合ったプランの契約をする必要があります。

上記の事さえ気を付ければ、モバイルWIFIルーターはあなたの生活に欠かす事の出来ない存在になるでしょう。

モバイルWiFiルーターは、絶対お得

日本の通信料は高止まりなことから、国は2015年5月からSIMロック解除を義務化し、キャリア乗換えが自由化されました。おかげで、通信料はどんどん下がってきており、また、一方でMVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者の回線の利用者も急増しています。

スマホでも、タブレットでも、SIMカードを使った通信が主流ですが、タブレットやノートパソコンは、SIMカードではなく、まだまだWiFiが主流です。SIMスロットがないパソコンやタブレットでネットにつなぐ場合は、モバイルWiFiルーターが断然お得です。ルーターは邪魔だという人もいますが、現在では超小型化しており、電池も長持ちするのでまったく邪魔にはなりません。

モバイルWiFiルーターを進める理由は、ずばり汎用性です。

SIMカードタイプの場合、通信は基本的に1台だけです。テザリングという方法もありますが、テザリングの場合、使える容量は1ヶ月最大7GBが限度です。しかし、モバイルWiFiルーターを使うと、ルーターの分は別立てとなるので、最大7GB+7GB=14GBまで使えることとなります。

モバイルをやっている人にとっては、通信料が制限されるのは、最大のネックですので、通信量を2倍にできるモバイルWiFiルーターは、手放せません。また、通信会社の中には、速度は3G並みでもモバイルWiFiルーターの通信量が無制限のサービスもあります。

最近では、モバイルWiFiルーターにもLTE用のSIMカードを挿入するタイプもあり、本当に便利になっています。

また、モバイルWiFiルーターにはもう一つ大きなポイントがあります。1台で最大10台前後までつなげる機種が発売されており、SIMカードがない機種をつなぐことができる夢のようなルーターです。